【無料】bitFlyerでサーキットブレイカー価格に指値注文を出して、価格が更新されるタイミングで注文キャンセル&新規指値注文を繰り返すだけのbot

BBBです。

昨日、システムトレーダー(botter)のhohetoさんがこんなtweetをしました。

まったくです。どうしてやっていなかったんでしょうか。
こんなのは一瞬で作れます。楽勝です。
そしてセットしていれば先日の下落でカッコよくBTCを底値で拾うことができました。

ということで有言実行でサクっと作りました。
このロジックは本当にシンプルで、仮想通貨システムトレードのはむとれで簡単に実装できます。
つまりbotトレードなんて言われても何もわからないという知識ゼロの方でもノンプログラミングで動かせます。
今回はこのbotを無料で公開します。

サーキットブレイカー制度とは

botの動かし方を書く前に、サーキットブレイカー制度について確認しておきましょう。
bitFlyerの公式ページにはこう書いてあります。これに限りませんが利用しようとする仕組みについて書かれた公式ページは必ず確認するようにしてください。

サーキットブレーカー制度とは、誤発注等による価格急変防止の観点から、取引の一時中断を行う制度です。

https://lightning.bitflyer.com/docs/circuitbreaker

絶対ではありませんが、サーキットブレイカー制度が発動するような暴落(暴騰)は行き過ぎた値動きであり、そこが底(天井)になるケースがほとんどです。

これは直近の2021年1月4日19時10分に発生したときのチャートです。きれいに底になっています。

その前は、コロナショック時の2020年3月12日19時40分でした。こちらは中期的にはその後で更に下落しているものの、短期的には底になっていることがしっかりと確認できます。

聖杯ではないものの、短期的に底値になる確率が非常に高いことは確かであり、サーキットブレイカー制度が発動する価格で購入できるのであれば聖杯に近いロジックであると言えそうです。
ここではこのロジックを、「サーキットブレイカーストラテジー」と名付けることにします。

サーキットブレイカーストラテジーの仕組み

極めてシンプルなロジックです。
この記事のタイトルにあるように、bitFlyerでサーキットブレイカー価格に指値注文を出して、価格が更新されるタイミングで注文キャンセル&新規指値注文を繰り返します。

このストラテジーでは売買のためにはむとれを用いるので、TradingViewからのアラートで指値注文を出していきます。
以下のアラートログは私が実際にサーキットブレイカーストラテジーを動かしている様子です。

2:50に2,976,044円に指値注文を出す。
3:00に2:50に出した指値注文をキャンセルして、2,978,501円に新たに指値注文を出す。
3:10に3:00に出した指値注文をキャンセルして、2,977,240円に新たに指値注文を出す。
……

という注文を延々と繰り返しています。
エントリーのみで決済は行いません。注文が執行されると、自分で設定したLINEかDiscordに通知が飛んできます。あとは好きなタイミングで決済してください。

なお、本来のサーキットブレイカー価格は1分ごとに直近10分のOHLCから価格を計算しているので、この計算で算出している値は完全なサーキットブレイカー価格とは一致しません。あくまで近似値です。
過去のサーキットブレイカー発動タイミングで発動していることはしっかりと確認しています。

サーキットブレイカーストラテジーの動かし方

bot(システムトレード)を行うやり方は色々ありますが、ここでは無料&ノンプログラミングで動かすことのできるはむとれを利用します。動かすための手順は3つです。

  1. はむとれの初期設定を行う
  2. サーキットブレイカーストラテジーをセットする
  3. 定期的に売買数量の調整や、ストラテジーのアラート期限の延長を行う

順を追ってみていきます。

1.はむとれの初期設定を行う

まずは売買環境を整えます。
はむとれ簡単導入マニュアルのダウンロードページから初期設定のためのマニュアルをダウンロードしてください。

マニュアルを見ながら初期設定を行ってください。ポチポチ操作するだけなので、のんびりやっても1時間はかかりません。とはいえ、ここが一番面倒なところだと思います。

初期設定における不明点がありましたら、はむとれDiscordの質問部屋で聞いてください。無料で誰でも参加できます。

2.サーキットブレイカーストラテジーをセットする

売買環境が整ったらサーキットブレイカーストラテジーをセットします。
はむとれでは、TradingViewのアラートを用いて売買を行います。つまりここで行うのはTradingViewのアラートのセットです。シンプル!

bitFlyerのサーキットブレイカー制度では、10 分前の約定価格を基準価格として、値動きが基準価格の上下 20%に達すると売買が停止されます。CB価格はAPIで取得することもできますが、ここではTradingView上で近似値を計算させています。

以下のチャートの青いラインがサーキットブレイカー発動価格のラインです。

以下のURLにアクセスしてください。

サーキットブレイカーストラテジー(正式版)

サーキットブレイカーストラテジー(妥協版)

TradingViewではデフォルトのローソク足の長さ以外のローソク足を使用するためには有料プランへの加入が必要です。そのため10分足は有料プランに加入している人でないと活用できません。
本当は1分足で作成するのがベストなのですが、はむとれで使用するGoogleAppScriptの制限があるので、制限の中で攻められる範囲で攻めて10分足にしています。

また妥協案として15分足で作成したストラテジーを用意したので、有料プランを契約していない人は妥協版を選択してください。妥協版の場合は、サーキットブレイカーが発動しても指値価格まで届かないケースが10分足のときよりも発生しやすくなることが予測されます。

またアラートのセットにはTradingViewへの会員登録が必要です。会員登録をしていない人は登録をおこなってください。妥協版であれば無料で使えます。

URLを開いたら、あとはアラートをセットします。以下の画像と同じように項目を選択してください。

次に、はむとれのステータス&ヒストリー管理のスプレッドシートを開き、以下の画像と同じように項目を埋めてください。ここではVolumeを1にしていますが、このVolumeには売買させたいだけの数量を入力しましょう。

※「はむとれのステータス&ヒストリー管理のスプレッドシート」は、はむとれで稼働させるストラテジーや売買履歴の管理を行うためのものです。

これで10分置き(15分置き)にサーキットブレイカーストラテジー価格に指値注文&注文キャンセルを行うbotが稼働しました。取引所にアクセスして注文状況を確認してみてください。

3.定期的に売買数量の調整や、ストラテジーのアラート期限の延長を行う

最後に行うのはストラテジー稼働後の定期的な確認です。

bitFlyerは注文数量をBTC単位で指定します。そのため2021年1月7日現在0.1BTCの注文を行おうとすると36万6,000円の証拠金が必要ですが、BTCの価格が今の2倍強の742万円になったら0.1BTCの注文を行うのに74万2,000円の証拠金が必要になります。
適切な売買数量を維持するために、BTCの価格は定期的に確認して注文数量を適切な値に調整してください。

またTradingViewにも2か月に1度の頻度でアクセスして、アラートの期限を延長するようにしてください。TradingViewでは、Premium以外のプランではアラートの有効期限が最長2か月までとなっています。2か月間放置しているとアラートが切れてしまい、注文が行われなくなってしまいます。
定期的にアクセスしてアラート期限を延長してあげてください。

完成!

お疲れさまでした。
これで次のサーキットブレイカー制度発動が楽しみになりますね!

今回のストラテジーでは基準価格の20%下に指値注文を出すロジックにしていますが、TradingViewのソースコードを変更すれば、20%下ではなく19%下にしたり、あるいは5%上にしたりといったことも可能です。
有料版のはむとれパックFullを購入した方がアクセスできる専用部屋には、本ストラテジーのソースコードも上げているので見てみてください。

※このストラテジーはシンプルの極みです。このストラテジーのソースコードを見るためだけに購入する必要はまったくありません。はむとれ有料版はこれからシステムトレードにチャレンジしてみたい人向けのものです。システムトレードにチャレンジしてみたい方はこちらをご覧ください。

以上、BBBでした。

シェアしていただけると嬉しいです!

 

【お知らせ】

仮想通貨を自動売買するための仕組み「はむとれ」を無料で配布しています。

● 誰でもカンタンに
● 24時間365日
● オープンソースで無料

を特徴にした仮想通貨の自動売買を行える仕組みです。
どのような売買を行うのかの売買ルールや売買戦略は自分で考えてセットします。

自分の考えるトレードを自動化させるための手段として活用してみてください。永年無料で使用できます。

>無料で使用してみる<

また他の人が作成した売買戦略を活用・参考にしたい場合は、有料コミュニティに参加することで300種類以上の売買戦略が活用できるようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です