仮想通貨自動売買を行うための仕組み“はむとれ”では、大きく2つのプランを用意しています。

  1. 無料で売買の仕組みを使うことのできる「Freeプラン」
  2. はむとれ専用コミュニティに入り、300種類以上のストラテジーが活用できる「Fullプラン」

今回、ブラックフライデーを記念して、通常44,980円(税抜き)のFullプランから19,290円(42.9%OFF)の値引きを行う4日間限定のセールを行います。
セール期間:2020年11月24日(火)~27日(金)

19,290はビットコインが2017年12月につけた最高金額です。ぜひ過去最高値を超えて欲しいと思いを込めて、19,290円の値引きをすることにしました。

※参考サイト:ビットコイン(BTC)の最高値はいくら?

Freeプラン、42.9%OFFのFullプランの導入はこちらのページから行えます。

“はむとれ”の公式ページはこちらです。

このページでは“はむとれ”とは?に軽く触れつつ、自動売買(システムトレード、botトレード)で稼ぐのは結局どんな人なのか?について思うことをつらつらと書いていきます。

“はむとれ”とは?

“はむとれ”は仮想通貨の自動売買を行う仕組みです。2018年6月にスタートしたサービスで、現存する仮想通貨自動売買のサービスではトップクラスの実績があり、Freeプラン、Fullプランの利用者を合わせて2,300名以上の方に利用していただいています。

ここでの自動売買とは、ある特定のルールに基づいて機械的に売買を行う取引手法のことです。システムトレード、botトレード、アルゴリズム取引、EA(主として為替の場合)などと呼ばれることもあります。

自動売買というワードには、完全放置で自動的に儲かるというイメージが含まれていますが、“はむとれ”の自動売買は何もかもお任せにするようなものではなく、自分でどんな戦略(ストラテジー)を動かすのか考え、自分でトレードを行うための仕組みです。

“はむとれ”は自動売買というゲームを遊ぶためのゲーム機本体であり、ゲームソフト(ストラテジー)は自分で作成したり、コミュニティ内にあるものを活用したりするというとイメージが付きやすいと思います。

画像1

自動売買をしようと思ったときに、自動売買の仕組みをゼロから構築する(ゲーム機本体をゼロから作る)のはハードルが高いものです。
“はむとれ”ではゲーム機本体である自動売買のための仕組みを無料で提供しています。ゲームプレイにあたり初期設定を行う必要はありますが、無料でDLできる簡単導入マニュアルを見ながら行えば誰でもできるものです。

どんな人に向いているのか

  • 仮想通貨トレードを行っている人/これから行いたい人
  • 仮想通貨の自動売買を自分で考えてやってみたいと思う人
  • 自分で自動売買の仕組みを作ることは難しい、あるいは面倒な人

このような方にはピッタリの仕組みです。

逆に「何もかもお任せしたい、自分では一切考えたくない。だけど自動売買をやりたい」という方には“はむとれ”には向いていません。どのゲームソフトで遊ぶのかを自分で決めたり、コミュニティ内の資産を活かしてゲームを自分で作成するのが“はむとれ”です。
完全お任せにしたい人は素直に株式のETFや投資信託を買いましょう。

どんなストラテジー(売買戦略)があるのか?

ゲームソフトであるストラテジーとして“はむとれ”ではチャートシステムのTradingViewを活用しています。現在すぐに使用することのできるストラテジーは300種類以上です。そのうちの一部は売買戦略一覧ページに載せています。

ついでにTradingViewは12月1日までブラックフライデーセールをやっています。1年で1番安く買えるタイミングなので、TradingViewに興味がある人はこの機会にどうぞ。“はむとれ”用であればpro+プランがオススメです。

TradingViewを使用しているからこそ簡単に自動売買が行える反面、複雑なことは行えないデメリットがあり、簡便さと複雑なトレードとのトレードオフになっています。特に高頻度売買と呼ばれるようなトレードや、板情報を活用した戦略は使用できないので注意が必要です。

ここでは私、BBBが投稿したものを2つ紹介します。2つとも今年の8月ごろに作成したものです。どちらもBybitのBTCUSD4時間足のストラテジーです。手数料は0.075%に設定。2つともはむとれ内ではソースコードを公開しています。

1.Dachshund

2018/11~
2020/8~(作成以降)

TradingViewでもっとじっくり見たい方はストラテジーDachshundの専用ページをご覧ください。

このストラテジーはダウ理論をベースにした非常にシンプルなものです。いくつかの工夫はしていますが、核となるロジックは非常にシンプルです。以下のtweetの内容のものになります。FTXのQuantZoneでは結局公開しなかったのでこちらで公開します。
最大3回までピラミッティングします。

損益については公開日以降の成績はBTCの高騰もあってバックテスト表記では純保有に負けています。ただし、TradingViewのバックテストでは含み益が表示に反映されないので、現在の含み益+18%程度を考慮すると、一応勝っている計算でした。

2.bulldog

2018/11~
2020/8~(作成以降)

TradingViewでもっとじっくり見たい方はbulldogの専用ページをご覧ください。

こちらのコアロジックは内緒です。いい感じに機能するコアロジックに、最大3回までのピラミッティング、いい感じの利確・損切りをつけたものです。はむとれユーザーの皆さんはぜひソースコードを見てみてください。

と、ここで挙げた2つは成績が作成してからもプラスのものですが、ストラテジー一覧のストラテジーが皆稼げるものであるというわけではありません。この2つのストラテジーも当然長く機能することを願っていますが、そのうち使えなくなるでしょう。

以前は使えたロジックが環境変化で使えなくなることは日常茶飯事です。大切なのは相場で生き残るために、使える材料や人を活用して、自分のトレードを改善し続けることです。これは一言でいうと、自分で考えてトレードすることに尽きるのではないかと思っています。

稼ぐ人の共通点

“はむとれ”に限った話ではなく、自動売買(システムトレード)で利益を上げる人に共通する点として、自分で考えて改善活動を行っていることが挙げられます。繰り返しになりますが相場は変化します。裁量トレード、システムトレードの区別なく、ある画一的なルールだけで勝ち続けることはできません。

移動平均線がゴールデンクロスしたら買い、という単純な戦略で勝てる相場もあれば、この戦略で売買すると無限に負け続ける相場もあります。仮想通貨であれば、デリバティブ取引所主導の環境なのか、現物取引所主導の環境なのかでも値動きは変わりますし、相場の盛り上がり度によって通常時であれば頭を叩かれる場面でも気にせず価格が上がったりします。

そのため、作ってから数か月、あるいは数年機能するストラテジーはあっても、恒常的に機能し続けるストラテジーを作ることは困難です。稼ぎ続けようと思ったら自分で考えて改善を行う作業は必須です。相場に絶対はありませんが、稼ぎ続けている人は絶対に自分で色々考えて試行錯誤を行っていると断言できます。
がむしゃらに試行錯誤すれば儲かるものではありませんが、少なくとも自分で考えることは相場で生き残り続けるための十分条件です。

“はむとれ”には300種類以上のストラテジーが投稿されています。バックテスト結果が良いものを選んで動かすだけなら誰でも簡単に行えます。だからといってそこから自分で考えずにトレードさせ続けることが最善になるわけでありません。
ストラテジーを動かす際には、そのストラテジーがどういうロジックであり、どういう状況になったら停止させるのかを考えておく必要があります。

売買プロセスは以下の4つに分かれます。

  1. 売買戦略(ストラテジー)を作る、あるいは選ぶ
  2. 自動売買が行われる
  3. 売買結果を元にそのまま稼働させ続けるかどうか考える
  4. 稼働を続ける、あるいは改良する

自動売買というと聞こえが良いものの、自動化されるのは②の部分のみです。それ以外の部分はすべて人間がやらなくてはなりません。もちろん“はむとれ”のコミュニティの中で誰かに相談することはできます。それでも最終的な判断は自分で下さなくてはなりません。

このページだけで「考える」というワードをもう15回も使っているのでだいぶしつこいですが、本当に自分で考えて試行錯誤する人でないと稼ぎ続けることはできません。1日に何時間も考える必要こそありませんが、週1ぐらいではお世話をしてあげたり、相場の様子をチェックすることはオススメします。

  • 自分で考えるのは嫌だ
  • トレードに使う時間はない
  • そもそもトレード自体に全然興味がない

そんな人は悪いことは言わないので、“はむとれ”は止めておきましょう。というよりもアクティブ投資に向いていません。アクティブ投資やシステムトレードには向き不向きがあるものなので、自分に向いていないと思ったら最初からやらないほうが良いものです。

完全放置で長い時間をかけてコツコツ資産を増やすのであれば、いい感じのインデックスファンドを買いましょう。インデックス投資は本当の意味で誰にでも行えて、下手なアクティブ投資よりもずっと成績が良い傾向にあります。なんならアクティブ投資をやっている人も、インデックス投資にも一部の資金を振り分けたほうが良いとすら考えています。

まとめ

“はむとれ”で稼いでいる人とは?に対する答えとしては、“はむとれ”にある「ヒト」(参加メンバーの皆さんの知恵)、「モノ」(投稿されたストラテジーのソースコードやそこから得られる知見)を上手く活用している人であると言えます。これが2年半以上“はむとれ”で自身でも自動売買を行い、コミュニティを運営・参加してきた私の感想です。

話が大幅に逸れましたが、4日限定、42.9%OFFのブラックフライデーセールは、11月24日(火)~11月27日(金)までです。
Freeプランは永年無料で使い続けることができるので、どんなものなのか様子を見てみたい方はまずFreeプランで試しに売買を行ってみてください。

ご質問については、TwitterメールDiscordなどどこでも受け付けています。
トレード好きの皆さんの参加をお待ちしています。